窓から省エネ!今なら国の補助金で最大200万円おトクに!

「電気代がまた値上げ!?」
「冬の電気代は、夏よりも高くなって家計が大変!」
「家の中にいると、冬は寒くて夏は暑い!」
こんなお悩みをお持ちではいらっしゃいませんか?

実は室内の温度は窓が決め手なんです。
冬の暖かさは約6割窓から逃げ、夏の暑さは約7割窓から入ってきます。
賢い節電対策としてご自宅の「窓」を改善しませんか?

いまなら窓の節電リフォームをすると補助金が最大200万円(最大50%相当還元)活用できるので断然お得です!
「住宅の断熱性向上のための先進的設備導入促進事業」の補助金を活用し、冷暖房費削減による省エネ効果で実質0円相当になるのは見逃せません。
冷暖房費の高騰が避けられない今こそ補助金を活用して高断熱窓にリフォームし、その効果で冷暖房費と二酸化炭素排出量を削減しましょう!

窓の断熱性能をご希望の方は、お気軽にひら木までお問い合わせください。

 

ZEHビルダー

ひら木はZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

ひら木のZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は100%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2018年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2017年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%
2016年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU