住宅の「Ua値」と「Q値」って何?違いは?

Ua値、Q値という言葉をご存じでしょうか?
専門用語の多い住宅建築業界の中でも、特に分かりにくい用語かもしれません。
しかし意味をきちんと理解すれば、高性能で一年中快適な家の実現へ大きく前進します!
今回は、住まいの室内環境の快適さに関わる性能値について、分かりやすく解説いたします。

現在のスタンダードは「Ua値」

Ua値は「外皮平均熱貫流率」を表わします。
「どれくらいの熱量が家の外に逃げやすいのか」を表す数値で、【Ua値=建物から逃げる熱÷外皮面積】で求められます。
外皮面積とは、床面積に加え、壁、窓、天井、床下など、外気と接する面の合計を指します。
現在は、国土交通省が定めるエネルギー基準の評価値として用いられています。

もともと使われていたのが「Q値」

Q値は「熱損失係数」を表します。
つまり、「どれくらいの熱が室内から外へ逃げるのか」を表す数値です。
このQ値は、家の断熱性能が高くなるほど数値が小さくなります。
Q値が小さい家は、冷暖房効率がよく省エネ性能が高い家と言えます。
計算式は【Q値=建物から逃げる熱÷床面積】で求められます。
なお、現在はUa値に置き換わりが進みあまり使われなくなりました。

「Ua値」と「Q値」の違いとは?

Q値の場合は床面積を基準として評価されていましたが、Ua値の場合、外皮全体を基準とするため、より総合的な判断が可能になりました。
例えば、床面積は同じでも、吹き抜けなどの縦に長い空間があると、Q値では不利な数値が算出されていましたが、Ua値であれば適切に評価されます。
一方で、Ua値では換気や漏気によって失われる熱量が含まれず、数値に反映されない欠点があります。
特に、高気密・高断熱の住宅では換気システムが必要ですが、この換気の熱損失がUa値ではカバーされません。
実際の体感温度や冷暖房のランニングコストまで検討したい方は、建築会社にQ値を求めてもらい確認すると良いでしょう。

一緒に知っておきたい「C値」

Ua値やQ値に注目し始めると、多く目にする「C値」。
「相当隙間面積」を表わす数値、つまりは「気密性」を評価する値です。
値が小さいほど隙間が少なく気密性の高い家であることを示します。
C値についても把握することで、より住まいの快適さを把握することができます。
設計上の断熱性能の数値には、隙間を考慮していないため、C値を踏まえることで住宅の断熱性能を正しく評価することができます。

「Ua値」「Q値」、結局どっちを見れば良い?

Ua値、Q値はどちらも家の断熱性能を示す数値です。
ではどちらの数値をみれば、より適切に断熱性能を知ることができるでしょうか。
Q値で熱損失量を割り出す場合は、同じ断熱素材を使った住宅でも「単純な設計の住宅」「小さな造りの住宅」「延床面積が大きい住宅」だった場合には、当然のことながらQ値が小さくなります。
正確な熱損失量を割り出す際に、Q値で示すと住宅の形状や延床面積の大きさなどの条件により数値にばらつきが出るため、実際の断熱性を正確に把握することができません。
このため、2013年に改正された次世代住宅省エネ基準では、それまで基準としていたQ値に代わってUa値が採用されています。
高性能住宅を選ぶ際には、家の性能はUa値を基準として、Q値も併用しながら、断熱性能の適正な評価を知ることが重要です。
Ua値やQ値は設計段階で算出できる数値であるため、省エネ性能が高く、高断熱住宅であるかを見極める数値として利用しましょう。

まとめ

今回は住宅の快適さを示す「Ua値」と「Q値」について解説しました。
住宅性能は目に見えませんが、数値の意味を知ることで、比較・検討が可能になります。
一方で、数値は一つの目安にすぎません。
本当に快適な家づくりをするためには、家族のライフスタイルに合わせた最良のバランスを考える必要があります。
ひら木は、快適な暮らしをお届けするためにお客様とスタッフが「家づくり」を共同作業で進めています。
皆さまのマイホームに対する理想や思いをぜひお聞かせください。

ZEHビルダー

ひら木はZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

ひら木のZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は100%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2018年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2017年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%
2016年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU