あこがれのアイランドキッチン!後悔しないようメリット・デメリットを知っておこう!

キッチンを計画するとき、アイランドキッチンにしたい!という方も多いのではないでしょうか。
おしゃれで料理も楽しめそうな素敵なキッチンというイメージがありますが、雰囲気だけで決めてしまうと後悔することになりかねません。
今回はアイランドキッチンのメリット・デメリット、後悔しないためのポイントを紹介します。

アイランドキッチンとは

アイランドキッチンとは、アイランド(島)と名前がつけられているとおり、調理スペースやシンク・コンロなどが壁と離れて独立しているキッチンのこと。
対面型のキッチンのひとつですが、非常にデザイン性が高く、洗練された空間を作り出します。
壁や仕切りがないため、家族やゲストと向かいながら調理をしたり、コミュニケーションをとったりすることが可能です。

アイランドキッチンのメリット

スタイリッシュでおしゃれ!

大きなメリットといえるのが、そこにあるだけで空間がスタイリッシュに見えるところです。
アイランドキッチンは見える点を意識したデザイン性の高いものも多く、ずっと眺めていたくなるほどです。

開放感がある

ダイニングやリビングと一体感のある空間となり開放感が生まれます。
壁や仕切りなどによって視界を遮られることがないので見通しが良く、部屋全体が広く見える効果も。
キッチンの周りをぐるっと移動することができ、自由に出入りできるのも魅力的です。

コミュニケーションが増える

料理をしながら家族とコミュニケーションが取りやすくなります。
料理中に子供やペットの様子をうかがえるだけでなく、家族が手伝いをしやすくなることもメリットといえます。

複数人で使える

キッチンの周囲をぐるりと使えることができるため、メインの動線を邪魔せずに複数人がキッチンに立つことができます。
家族やゲストと一緒に料理を楽しむ事が可能に。

アイランドキッチンのデメリット

部屋が狭くなる

アイランドキッチンは、独立したキッチンの周囲に通路となるスペースを確保する必要があり、一般的なキッチンよりも広い面積を要します。
アイランドキッチンにしたことで、その他の居住スペースが思った以上に窮屈になるという恐れもあります。

生活感が出やすくお手入れが大変

常に開放的なアイランドキッチンは、ダイニングやリビングからも見通しやすいこともあり、少しでも物が片付いていないと散らかった印象になります。
また周囲に油のハネや汚れなどが飛び散りやすく、煙や匂いもダイレクトに広がっていくため、お手入れの面で様々な注意を払う必要があります。

価格が高い

アイランドキッチンは、通常のキッチンと比べるとデザイン性が高くサイズも大きくなるため、費用が高額になる傾向にあります。
費用面とデザイン性が両立するように予算を組まなければなりません。

アイランドキッチンで後悔しないポイントとは

アイランドキッチンをデザイン性だけで選んで後悔しないためには、全体との調和がとれているか、動線に無理がないか、慎重に検討することが大切です。
アイランドキッチであることにこだわってしまうと、他の居住スペースとのバランスが崩れてしまい、快適な生活が送れないというリスクも考える必要があります。
家族のライフスタイルを踏まえて、アイランドキッチンであることの優先順位を考えることをお忘れなく。
また日々きれいに保つために、お手入れをしやすい素材の選定、整理整頓がストレスなくできる収納が十分に確保できるかどうか、といったポイントも重要になります。
高度な換気システムを確保することで臭いや煙の広がりを軽減することができます。
また、パネルを設置することで油のハネや汚れの飛び散りを抑えることができる上、適度な目隠しとしてキッチンの様子が丸見えになるのを防ぐ効果もあります。
後悔しないようにデメリットや失敗例を知り、対策を考えた上での計画が成功の鍵になります。

まとめ

今回は、アイランドキッチンついて解説しました。
メリット・デメリットを知り、より理想的な住まいを実現してみませんか?
ひら木では、お客様のライフスタイルに寄り添い、ご家族にふさわしい最適なプランをご提案いたします。
ぜひお気軽にご相談ください。

ZEHビルダー

ひら木はZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

ひら木のZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は100%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2018年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2017年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%
2016年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU