熱がこもって二階が暑い!その原因と対策

1階は涼しいのに2階に上がるとムワッとした暑い空気が充満している・・・
2階の寝室は夜になっても暑くて、なかなか寝付けない上にようやく寝てもすぐに目が覚めてしまう・・・
といった経験がある方も多いのではないでしょうか。
日本は年々気温が上昇しており、室内でも熱中症になるケースが非常に多くなっています。
今回は夏の住宅を快適に過ごすために、戸建ての2階に熱がこもる原因と対策をお伝えします。

2階に熱がこもる原因とは

戸建ての2階に熱がこもって暑くなる原因として、空気自体の性質、さらに断熱性・遮熱性・風通しといった住宅性能が挙げられます。

暖かい空気は上へ昇る

暖かい空気は冷たい空気よりも軽い性質を持つため、より高い空間へ上っていきます。
上った暑い空気は天井付近に溜まるため、階数が上がるほど、夏場の暑さを感じやすくなります。

屋根に熱が溜まる

屋根は住宅において最も直接的に太陽光を浴びるところということもあって熱が溜まりがち。
特に夏場のきつい太陽光を受けると、断熱性が低い住宅では屋根のすぐ下の屋根裏の温度が上昇し、さらには2階の室温が上昇してしまいます。
また屋根の素材(ストレート瓦や鋼板など)によっては熱を通しやすくなり、さらに室温を高める原因となります。

日射遮蔽が不足している

日射遮蔽とは、窓などから室内に入る日射熱を遮ることをいい、住宅の外側で行うのが最も効果的です。
日射が室内に入るのは、窓を透過して床や壁に熱が伝わる場合、屋根や外壁に直接当たって熱が伝わる場合が挙げられます。
建物全体で室内に入る熱量を減らす工夫が不足していると、結果的に熱がこもってしまうことに。
夏に室内に入ってくる熱の7割以上は窓からの侵入といわれています。
窓からの室内に入る熱をいかに防ぐかが最も重要といえるでしょう。
夏の強烈な日射を遮蔽することは、冷房効率を上げて快適な室温を保つことにつながります。

風通しが悪い

住宅によっては、風通しが確保しづらいケースもあります。
天井付近に溜まった暖かい空気が循環せずに滞留することにより、部屋に熱がこもってしまう結果になります。

知っておくべき2階の暑さ対策

日射を防ぐ方法

2階の暑さ対策として有効なのは、効果的に日射遮蔽すること。
直射日光や太陽熱が室内に入らないよう、しっかりと住宅の外側で遮ることが重要です。
住宅の外側に設置できる部材としては、外付けブラインドやルーバー、オーニングやシェードといったロールスクリーンタイプの日よけ、簾やよしずなど日本古来の日よけが挙げられます。
最近では通風や採光が可能な雨戸やシャッターもあるので、うまく活用して日射をコントロールしましょう。
よく日の当たる南側の窓の上部に庇や軒をつける、外からの熱が流入する窓自体の断熱性・遮熱性を高めるといったことでも、太陽エネルギーを上手に使える住まいになります。

風通しを高める方法

部屋にこもった熱は、外に逃がすことが重要。
2ヶ所の窓を開けると部屋の風通しが良くなりますが、日陰側など涼しい風が入る方の窓を、もう一方の窓より小さく開けることで、涼しい風を部屋に取り込みやすくなります。
窓が一つしかない場合は、サーキュレーターを利用すれば効果的に部屋の熱を外に逃がすことができます。

暑い夏を乗り切る「2階が涼しい家」にするには

暑い夏に2階の部屋が暑くなってしまうのは、屋根や壁、窓から外気熱が室内に伝わる、断熱性能の低さが大きな原因と言えます。
高気密高断熱の家なら、「夏は涼しく、冬は暖かい」を実現することができます。
また、室内の熱も外に逃しにくくなるため、冷暖房効率をアップさせ、省エネにつながります。

まとめ

今回は、2階の暑さの原因・対策について解説しました。
ひら木は、これからの住宅として注目されるZEHビルダー/プランナーとして2020年度最高評価の6つ星を獲得しております。
高断熱高気密住宅を建てたいとお考えの方は、お気軽にご相談ください。

ZEHビルダー

ひら木はZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

ひら木のZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は100%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2018年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2017年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%
2016年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU