一年中過ごしやすい家に!部屋の温度を一定に保つ方法とは

せっかく素敵な家を建てるなら、体感的な過ごしやすさも非常に重要なポイント。
夏涼しく冬暖かい、快適な住まいを目指したいですね。
家で過ごす中で快適に感じる温度は、夏場は25~28度、冬場は18~22度と言われています。
今回は、季節を通じて快適な温度を保つための方法を紹介します。

高気密・高断熱の家で快適&節エネ

室温を快適に保つには、外気温に影響を受けにくい住まいであることが重要です。
高断熱・高気密の家では、真夏に外が暑くても室内温度は影響を受けにくいため、エアコンが効きやすく、涼しさを保つことができます。
また、冬も室内の暖かさが外へ漏れにくく、室温をキープしやすくなります。

高気密住宅とは?

高気密住宅とは、外からの空気の侵入をしっかりと防ぐことで、外気の温度に影響されることなく一年中快適に過ごせる住宅のことを指します。
高気密住宅では従来の木造建築においてどうしても生じてしまう隙間を、気密テープや防湿シート、断熱材などを使用して塞ぎ、外の空気が部屋へ流れ込むことを防いでいます。

高断熱住宅とは?

高断熱住宅とは、壁や天井、床などに性能の高い断熱材を使うことによって、高い断熱性を実現した住宅のことを指します。
窓やドアなどの開口部分は壁や屋根に比べて断熱性は低く、夏場の熱の流入も、冬場の熱の流出も、住宅全体で窓は高い割合を占めています。
その対策として、日射熱を遮蔽・反射・吸収できる高機能なガラスと気密性の高いサッシと組み合わせて使うのが理想的とされています。

光熱費の節約になる!

高気密・高断熱住宅では、外気が室内に流れ込んでしまうことを抑え、室内の空気が外へ逃げてしまうのも防げるため、エアコンで冷やした空気や暖房で温めた空気が外に漏れにくく、室内を快適な温度に保つことができます。
昨今の厳しい暑さや寒さに対応するためにエアコンの温度設定を過度に上げ下げしなければならない…ということも無くなり、光熱費の節約に大きな効果を発揮します。

ヒートショック予防で健康住宅に

ヒートショックとは、急激な温度差で血圧が大きく変動すること。
特に冬場は暖かい居室から寒い脱衣所へ移動するときなどに気温差が生まれるため、ヒートショックが起きやすいといわれています。
家全体が一定の温度に保たれることで、部屋間の温度差が解消され、ヒートショックの危険性が少ない健康にも優しい家づくりにつながります。

湿度コントロール・窓の活用で温度差対策

目指せ湿度と温度のベストバランス!

快適な体感は、温度だけでなく湿度とのバランスが大切です。
夏のジメジメした蒸し暑さには、設定温度を下げるのではなく、エアコンのドライ、もしくは除湿機を使うなど工夫をして湿度を下げてみるとよいでしょう。
反対に冬場は湿度が低く、乾燥してより寒さを感じてしまうため、加湿をしながら暖房をすることで体感温度が高まり、暖房の設定温度を上げなくても、快適な暖かさが感じられます。
しかし湿度の高い状態が続くことで、人が不快感を覚えるだけでなく、住まいにとってもカビの発生や結露などの問題が生じることがあるので注意が必要です。

窓の遮熱・断熱を意識する

夏の強い日差し、冬の冷たい空気の影響を一番受けやすいのは窓です。
窓ガラスの交換や二重窓の取り付けは、窓の断熱性を高めるのにとても効果的ですが、カーテンを遮光性能の高いものにする、窓に遮熱シートを貼る、といった工夫でも効果が期待できます。
また、屋外のシェードやすだれ、緑のカーテンなどは、夏場に見た目も涼しげで風情がありますね。
不在時は雨戸・シャッターを閉めることも、外気温の影響を受けにくくするのに効果的な対策といえます。

まとめ

今回は、室内の温度を一定に保ち快適に過ごすための対策を紹介しました。
ひら木では快適なマイホームを実現するためにお客様とスタッフが「家づくり」を共同作業で進めています。
皆様のマイホームに対する理想や思いをぜひお聞かせください。

ZEHビルダー

ひら木はZEHの普及に努めています!

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略。

ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。

ひら木のZEH普及実績と今後の目標

2025年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH目標値は100%
2021年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2020年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2019年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2018年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は100%
2017年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は60%
2016年度 戸建住宅の総建築数に対するZEH実績値は50%

MENU